メッセージ
閉じる 
メッセージを開く
メッセージを開く

リフォームコラム

1.リフォームと増税

10%への増税でリフォーム費用がどのくらいかわるの?

2019年101日、いよいよ消費税が8%から10%へと引き上げられることになりました。
(20193月時点)
リフォームを検討されている方にとっては、増税による負担は避けたいところですよね。
実際にリフォーム費用にはどのくらい響くのでしょうか。工事の規模で見てみます。
増税額

消費税8%でリフォームが行える契約のタイミングは?

消費税8%でリフォームをする際に重要になるのが、リフォーム工事が完了して依頼主様にお引き渡しをさせていただく日です。消費税は商品を受け取るときに課税されるため、8%の消費税が適用されるのは通常お引渡し日が増税前の9月30日までの工事の場合です。

しかし、リフォームのような請負工事の場合は工事期間が長くかかるということもあり、特別ルールが適応になる場合があります。 これを経過措置といい、 請負契約を「2019年3月31日」までに締結すれば、引渡しが2019年10月以降になっても税率8%が適用されるというものです。
(下図参照)

契約タイミング

しかし、消費税8%で工事を行うために急いでリフォームしたほうがいいかというと、単純にそうとも言えません。増税によって金額負担が大きく変わるものについては、負担を軽減する措置が取られ場合があるからです。

増税後の軽減措置も

2014年に5%から8%に増税したときをご記憶かと思いますが、今回も同じような軽減措置が取られる見込みです。
・次世代住宅ポイント制度の創設
 リフォームで最大30~45万相当のポイント付与
・住宅ローン減税(リフォームでは100万円を超える場合)の拡充
  控除期間を3年間延長(10年→13年)
・すまい給付金の拡充
 対象の所得階層を拡充、給付額も最大50万円に引き上げ
・贈与税の非課税枠拡充
 非課税枠を最大1,200万円から最大3,000万円に引き上げ

いずれも国土交通省ホームページ:消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応についてに詳細が掲載されております。

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000036.html

大規模リフォームを検討している人ほど、軽減策の恩恵も受けられますから、必ず情報収集をしてください。

かけこみリフォームはおすすめしません!!

2014年の4月に税率が5%から8%へ引き上げられた際には大きな駆け込み需要が起き、その結果リフォームを含む建築業界全体ではこんなことが起きていました。

①資材・塗料不足
塗料&トラック×
②職人不足・工期遅れ
職人×

リフォームで慌てないためには

リフォームは決して安い買い物ではありません。経過措置(消費税8%の)期間中に間に合わせるためギリギリになってのお問い合わせや、打ち合わせ不足のまま慌てて契約をしてしまうと、後々になって後悔してしまうことに繋がりかねません。2019年3月後半などは多くの問い合わせが発生することが予想されます。早めの情報収集のためにも、直前での駆け込みではなく余裕を持ってご相談くださいませ。

(参考サイト 国土交通省ホームページ)